本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

御祓川の水質測定結果

下水道の効果の一つである「川や海がきれいになる」ことを実感していただき、さらなる改善のための目標を市民のみなさまと共有するため、御祓川の毎月の水質測定結果をお知らせしています。また、これを通して下水道の役割と効果をご理解いただき、下水道の早期接続にご協力ください

ここでお知らせしているのは、七尾市上下水道課で測定した値です。他に石川県が測定した値もあり、石川県のホームページでご覧になれます。

目標値

  • 環境基準値(政府の目標値):5.0mg/L
  • 七尾市総合計画および七尾市環境基本計画による目標値:3.0mg/L(平成30年度まで)

注)いずれも御祓川下流における目標値です。御祓川下流とは、藤橋1号橋から下流の流域のことで、基準となる水質測定地点は仙対橋です。

注)BODは水の汚れ具合を表す代表的な水質項目で、値が小さいほど水がきれいなことを表します。BODの値とその水質の目安は以下の通りです。

BOD[mg/L] すめる魚 水の利用可能な用途
2以下 イワナ、ヤマメ 普通の浄化により水道水に使える
3以下 アユ、サケ科の魚 高度な浄化により水道水に使える
5以下 コイ、フナ 普通の浄化により工業用水に使える
8以下

魚はほとんどすめない

高度な浄化により工業用水に使える

平成30年度の測定値

BOD[mg/L]

BOD[mg/L]

4月

3.4

10月

 

5月

2.2

11月

 

6月

 

12月

 

7月

 

1月

 

8月

 

2月

 

9月

 

3月

 

-

-

年平均

2.8

測定場所:無名橋付近
採水日:毎月7日頃(天候などにより前後することがあります。)

過年度の測定値

御祓川BOD

測定場所は、平成24年4月~平成25年11月は泰平橋付近、平成25年12月~は無名橋付近です。

水質状況のまとめ

上記の測定結果からわかるように、御祓川の水質は改善傾向にあります。御祓川は、以前は石川県内でもっとも汚濁した河川といわれていましたが、近年は環境基準を達成できるほどきれいになっています。具体的には、魚がほとんどすめないような状態から、コイやフナがすめる状態にまで回復しました。

そして現在、七尾市は、総合計画および七尾市環境基本計画でさらなる高い目標を定め、アユやサケ科の魚がすめる水質を目指しています。この目標値は、まだ安定して達成できる状態には至っていないため、今後も効率的な下水道の整備・管理を通して、水質の改善に努めます。

下水道への接続をお願いします

御祓川の水質は年々改善されていますが、これも市民の皆さんのご家庭で下水道に接続していただいた積み重ねによるものです。下水道は皆さんに接続していただいて初めて効果が現れます。

下水道が使用できる状態になりましたら、早めの接続をお願いいたします。

なお、下水道には、川や海がきれいになるほかにもメリットがあります。詳しくは、下水道への接続のお願いのページをご覧ください。

御祓川沿いで青柏祭を楽しむ市民

【御祓川沿いで青柏祭を楽しむ市民】

お問い合わせ

所属課室:建設部上下水道課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8432

ファクス番号:0767-53-3315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?