本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 平成30年度第3回七尾市図書館協議会会議録

ここから本文です。

更新日:2019年3月8日

平成30年度第3回七尾市図書館協議会会議録

会議の名称

平成30年度第3回七尾市図書館協議会

日時

平成31年2月22日(金曜日)午後3時~午後4時30分

場所

パトリア3階会議室4

出席者

坂下委員長、髙橋副委員長、杉田委員、大成委員、中橋委員、木本委員、向委員、古川委員(委員8名)
青木館長、瀬成副館長、土本副館長、山本主幹、網谷専門員、森主査(職員6名)
以上14名
欠席者:南委員(1名)

傍聴者数

0人

会議結果

議事承認

会議内容

1.開会

2.委員長挨拶

3.報告事項

平成30年度図書館の事業報告

図書館事業(重点目標、重点事項、主要事業)

利用状況(利用者数及び貸出冊数)

実施事業(行事)

土本副館長が説明

実施事業(巡回文庫の貸出数)

瀬成副館長が説明

地区館3館が図書室となり蔵書数の約2万冊であるため、団体貸出業務を移動図書館が行い鶴友園・もみの木園・グループホームひかり・秀楽園・すこやかに巡回している。今後は、高齢者施設への巡回の要望が増えると考えている。

実施事業(子どもの読書活動推進事業)

山本主幹が説明

新規事業としてビブリオバトルを予定していることから、今年度はビブリオバトルについて学校図書司書及び図書館司書の合同研修会を行った。

図書館、図書室との連携及び協力により工作教室、昔あそび教室を行った。

中高生向けのブックリストを図書館及び学校図書館司書と協力して作成している。

(委員長)平成30年度で新規事業はあるのか。

(事務局)子どもの読書活動推進事業は、絵本コーナーのオープンに伴い保育園に依頼し幼児の作品を展示した。行事では家族よむよむフェスタでプラネタリウムを体験した。

親子ふれあいランドの場所に『絵本コーナー』を設置し親子が楽しく本とのふれあう場、子どもの成長と支援する場の提供を行った。更に旧絵本センターの場所に『学び&カルチャースペース』を設置し趣味や郷土の本を展示し大人のための行事を考えている。

(委員)図書館運営管理費と図書室管理運営費は違うのか。

(事務局)図書館運営管理費は、図書館及び移動図書館車を含めた経費、図書室管理運営費では、矢田郷、田鶴浜、中島図書室の経費としている。また、図書館運営管理費、図書室管理運営費の表記が誤っているので、両方とも管理運営費に訂正をお願いする。

(委員)あかくら保育園には移動図書館は巡回しているのか。

(事務局)保育園の日程調整もあるので、田鶴浜図書室のリニュアルオープン後に園児を連れて本を借りに行くと聞いたので巡回していない。

(委員)田鶴浜図書室は田鶴浜地区地域づくり協議会が管理及び運営をされており、同様に中島図書室も中島地区地域づくり協議会に管理及び運営していただく話をしているのか。

(事務局)中島地域づくり協議会にも図書室の管理及び運営の話をしている。

基本的な考え方は、図書室の運営を地域で行い本を活用して地域づくりに反映していただきたいと考えている。中島図書室は次年度から管理及び運営をしていただく予定である。

矢田郷図書室は現在協議中である。

(委員長)今後の図書室運営はどのように変わっていくか。

(事務局)地域のニーズに沿った図書室運営を目指すため、地域の方が自由に本を選び購入していく方法で運営を考えている。

(委員)地区コミュニティセンターの指定管理制度が導入されても図書室の運営に協力していくのか。

(事務局)図書室の業務に密接に関係するシステム及び本は図書館の備品であることから、引続き協力していく。

(委員)統計を見ると田鶴浜図書館が図書室になってから利用状況が2分の1以下になっているが、利用者は本当に減少しているのか。

(事務局)田鶴浜図書館から図書室へとリニュアルオープンし、蔵書数約2万冊、床面積約300平方メートルとなった。蔵書数が減ったので団体貸出はできない。そのため移動図書館が対応していることから田鶴浜図書室の貸出数が減少した。

(委員)地域づくりへの委託の費用は、どのようになるのか。

(事務局)人件費・新聞雑誌・消耗品費・電話代など1団体につき年間約320万円前後と思われる。図書室員の人件費は、平日1人・土日2人体制として算出している。

(委員)ブックスタート及びブックリストはいつから行われるようになったのか。

(事務局)平成19年度からである。

(委員)ブックスタート及びブックリストを利用した人は、その後、図書館に利用しているのか。

(事務局)親子で利用している。

(委員)司書がいる図書室は、展示の内容も素晴らしい、人材育成にも力を入れてほしい。また、移動図書館が巡回する高齢者施設が増えたそうだが、高齢者が興味を持つような本を選書してほしい。

 

4.協議事項

平成31年度図書館の取組

健全で効率的な行政運営(自動貸出機の設置)

学び&カルチャースペースの設置に伴う周知

コミュニティセンター図書室の充実

年間行事予定

土本副館長が説明

移動図書館の巡回及び配本

高齢者施設へ見易い、読み易い本を配置予定

地域行事、イベントに移動図書館車の派遣

瀬成副館長が説明

子どもの読書活動推進事業

偶数月にケーブテレビで読書推進の周知を行う予定

ビブリオバトル、家族よむよむフェスタなどの開催予定

森主査が説明

(委員)ビブリオバトルは図書室で行うのか。

(事務局)市内の小学校、中学校、高校を対象に、初めて図書館でビブリオバトルの大会を行う予定である。県内では白山市立小学校の保護者会がビブリオバトル大会行い次第に白山市全体に広がった例もある。

(委員)としょかん訪問は、あさひ保育園のみなのか。

(事務局)あさひ保育園からの要望で訪問を受け入れている。他に、今年度は絵本コーナーがオープンしたときに小丸山認定こども園、石崎保育園の訪問を不定期で受けている。

今後は努力して保育園訪問を増やしたい。

(委員)図書館利用者を増やすために、ブックスタート及びブックリストで図書館の利用券申込書を配布するのは良いことだと思う。

(委員)偶数月にケーブルテレビで子どもの読書推進へのPRを行うことは良いことだと思う。他にも図書館及び図書室のPRもできたら良いと思う。

(委員)以前、絵本に出てくるお菓子を作る料理教室を開いたが、良い試みだと思う。

(事務局)料理教室は好評だった。図書館と地域づくり協議会との連携協力を行い魅力ある行事を行いたい。

 

5.その他

3月の行事案内

3日午前10時30分からとしょかんクラブを開催『マグナス効果ってなんだ』

3日午後2時からおはなしボランティア交流会『こどもと楽しむ絵本たち』

17日春語りのつどいいろり火の会の発表会

社会教育委員が選んだ本の紹介・・・・・社会教育委員中橋氏

 

6.閉会

副委員長挨拶

館長挨拶

 

以上

お問い合わせ

所属課室:教育委員会七尾市立図書館

〒926-0046石川県七尾市神明町1番地(七尾駅前 ミナ.クル3階)

電話番号:0767-53-0583

ファクス番号:0767-53-0617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?