本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

住吉大祭

開催日

4月第4土曜日

(平成3年までは毎年4月24日に行われていました)

場所

田鶴浜地内

由来

鹿島半郡(かしまはんごおり)の領主として長連龍が田鶴浜に本拠を構えた際に、村の人たちが曳山を造って祝ったのが始まりと言われています。

曳山は、当初は東町、中町、西町、登町の4台でしたが、後に殿町、上野ケ丘町が新調され6台となりました。

内容

住吉神社の祭礼で神輿(みこし)とともに浜山(はまやま)と呼ばれる山車(だし)が町中を巡行します。

≪祭礼の流れ≫

  • 奉幣迎え(前日夕方)
    各町会の人たちが勇壮ないでたちをし、太鼓、鉦(かね)の音、角を曲がるときの木遣り音頭でにぎやかに町内を曳き歩きます。
  • 曳山運行(当日午前中~)
    前夜に受け取った御幣を取り付けた曳山が引き出され、住吉神社に集まります。
  • 神輿渡御
  • 曳山運行
    神輿渡御が行われた後、6台の曳山が町内を曳き回し、再び神社に戻ります。
  • 奉幣納め
    曳山が町内を曳き回した後、神社に奉幣を返納します。

その他

曳山の発祥当時は青柏祭の「でか山」と同じく逆三角形の形でしたが、明治20年頃に現在の形になりました。

出典:七尾市『七尾里山里海百景』2016年,p10

お問い合わせ

所属課室:産業部商工観光課

〒926-8611石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8424

ファクス番号:0767-52-2812

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?