本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 平成27年度第1回七尾市図書館協議会会議録

ここから本文です。

更新日:2016年3月7日

平成27年度第1回七尾市図書館協議会会議録

会議の名称

第1回七尾市図書館協議会

日時

平成27年5月29日(金曜日)午後3時~午後5時

場所

ミナ.クル3階多目的会議室

傍聴者数

0人

出席者

坂下委員長、若木委員、高橋委員、川口委員、帽子山委員、森野委員(委員6名)
大谷内館長、土本主幹、作田専門員、奥原専門員(中央図書館)、藤澤副館長(本府中図書館)、一花主幹(田鶴浜図書館)、松浦専門員(中島図書館)(職員7名)
以上13名
欠席者:高委員、佐原委員(2名)

会議内容

1.開会

2.辞令交付

3.教育長挨拶

図書館に寄せる市民からの多様なニーズに応えるため、図書館機能のあり方を考えていかなければならない。七尾市出身の直木賞作家、杉森久英先生、地域の素晴らしい偉人を紹介するとともに、再度放映されている「天皇の料理番」という、素晴らしい作品を多くの著書とともに紹介して郷土を振り返ってもらいたい。中島図書館では、読書活動で文部科学大臣表彰をいただいた。活動が認められたということで一つの自信になり、この取り組みを継続していく意味は極めて大きい。協議会の中でも地域のニーズに応えられる図書館づくりについて協議していただき、図書館の利用が高まることを期待している。図書館機能をさらに多様化させながらコミュニティづくりを支える図書館機能、市民の学びの場としての図書館機能、子どもや子育て支援をする場、お互いの出会いの場、交流の場となるような新たなコミュニティの場づくりをこの図書館が果たしていけるよう行政としても事業に取り組んでいく。皆さん方のご活躍を心からご祈念いたしまして開会の挨拶とさせていただく。

4.委員長・副委員長の選任

委員の推薦により坂下委員を委員長に選出。
委員長の指名により帽子山委員を副委員長に選出。

5.委員長挨拶

(坂下委員長)我々協議会の任務で一番大事なことは、市民の知る権利が最大限守られて図書館運営がされているかを見て、その上で図書館をサポートし、或いは図書館に是正を求めることであると考えている。よろしくお願いするとともに就任のあいさつとする。

(委員紹介)

6.議題

(1)平成27年度運営の概要について

(事務局)1.図書館重点目標、2.組織(組織図、図書館協議会委員、職員)、3.予算について説明。

(委員長)ここまでで質問はないか。

(委員)開館時間について、中島図書館だけ土日の開館時間が異なる理由は何か。

(事務局)合併前の開館時間がそのままになっているためである。

(委員)子どもの読書推進事業費について、具体的には何に使われているのか。

(事務局)活動推進や絵本ワールドの七尾市負担金などに使われている。今年度に限っては、推進計画の策定の作業があるため委員に対しての報償費が含まれている。

(委員長)他に質問は無いか。無ければ事務局から次の議題について説明を求める。

(事務局)4.各館の利用状況、5.平成26年度事業報告について説明。

(委員)中央が5・6・7月と減っているのは、移動図書館の分だということだが、それを除くと本府中とほぼ並ぶということでよいか。

(事務局)カウンター貸出分としては中央と本府中では、若干中央が上回っている。移動図書館の利用については、今年度また伸びる可能性があるとみている。最近老人施設や介護施設などから本を持ってきてもらえないかという要望も寄せられている。

(委員)田鶴浜図書館には柴山文庫がある。他の図書館で展示することで、市民により興味を持って利用されるのではないかと思う。

(委員)確かに選書に特徴のある方の蔵書ですので、中央で展示してみてもよいかもしれない。

(事務局)各図書館ではそれぞれ工夫をしながら展示を行っている。柴山文庫の傾向等を見て、展示する機会があれば田鶴浜から借りて展示することもできる。

(委員)各図書館で利用状況等を見ながら行うということで良い。田鶴浜図書館にこのような資料があるという紹介にもなる。

(事務局)本府中館の大活字本を田鶴浜館に一定期間貸出するなど、展示協力を現在でも図書館間で行っている。昨年度には、田鶴浜から要望のあった図書を中央で購入し、一定期間田鶴浜で展示した。現在は中央で利用しているがリクエスト等の活用で田鶴浜でも利用している。

(委員)本府中館で高齢者施設への貸出は、どのような方法で行っているのか。

(事務局)高齢者施設へは、年3~4回くらい、1回に50冊程度、窓口で団体貸出をしている。

(委員)中島図書館は、介護老人福祉施設として100冊をあげているが、年間を通して100冊を貸出しているということか。

(事務局)例年、年2回で200冊だが、昨年は1回しか対応できなかった。

(事務局)6.平成27年度事業計画について説明。

(委員)今年度高齢者向けサービスの充実をとのことだが、どんなことを計画しているか。

(事務局)職員の事務連絡会で問題点を洗い出している。高齢者向けコーナーの設置、各施設での出張おはなし会などが出来るか等、要望を調査したい。図書館サポーターなどボランティアの力を借りたいと考えている。高齢者サービスについては、「図書館の運営上の望ましい基準」にも掲げられ、全国的な流れになっている。

(委員)図書館職員は既にいっぱいまで頑張っているのに大丈夫か。

(事務局)確かに職員だけでは限界があり、職員が増える見込みもないため、市民の力を借りながらやっていきたいと考えている。

(委員)各図書館は、バリアフリーになっているのか。

(事務局)図書館はバリアフリーに対応にしている。

(委員長)他に質問は無いか。無ければこれで終了とする。

(2)その他

なし

7.閉会

以上

お問い合わせ

所属課室:教育委員会中央図書館

石川県七尾市神明町1番地(七尾駅前 ミナ.クル3階)

電話番号:0767-53-0583

ファクス番号:0767-53-0617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?