本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 七尾市社会教育委員 第5回会議 会議録

ここから本文です。

更新日:2013年1月29日

七尾市社会教育委員 第5回会議 会議録

会議の名称

七尾市社会教育委員 第5回会議

会議の開催日時

平成24年2月28日(火曜日)午後6時から午後8時まで

開催場所

サンビーム日和ヶ丘 第1研修室

傍聴者数

0人

内容

参加者

委員など

  • 委員8名 飯田・中橋・西村・高橋・細川・帽子山・山元・室屋
  • 職員など4名 市民男女協働課:長田課長・一花 生ス:中村・梅田

1 開会挨拶 飯田会長

市の方向性を確認し、社会教育委員として何ができるか、何をするべきなのか協議しながら、今後の社会教育委員の活動方針を明確にしたい。

2 議件(進行:飯田会長)

(1)「七尾市まちづくり基本条例(案)」勉強会(市民男女協働課:長田課長・一花)

  • 七尾市の最高規範である。ルールづくりを行ったものである。
  • 1羽咋市2輪島市3加賀市に続き、七尾市は県内4番目に制定することとなる。
  • その他、別紙資料参照

社会教育委員の意見など

  • 社会教育委員として、第26条「まちづくりの担い手を発掘し、育成に努める」など可能ではないか。(高橋委員)
  • 第28条「まちづくりの担い手を育成し、支援するための仕組みを整える」など可能ではないか。(帽子山委員)
  • 行政として社会教育委員に対し、やってもらいたいことはないのか。(飯田会長)
    →よく似た行事の統一や統合など、共有化などが考えられる。(長田課長)
  • のばプロにおける、公民館のかかわりも必要ではないか。
  • 地域に貢献している市民に対し、賞を与え市民にみえる評価をする必要がある。
  • 行政が基本条例を制定したが、市民はどう係わればいいかわからない。
  • 今まで実施してきた、家庭教育は永遠のテーマである。今後も必要である。
  • 「ふるさと教育」が必要である。
    ※「七尾市まちづくり基本条例」を基本として、今後の社会教育委員の取組みを検討する。

3 その他

特になし

4 閉会挨拶 中橋副会長

以上

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習スポーツ課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-3661

ファクス番号:0767-53-3261

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?