本文へスキップします。

ホーム > くらし > 消費生活の相談 > よくある相談事例 > 粗品をきっかけに通っていたら、高額な契約をさせられた

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

粗品をきっかけに通っていたら、高額な契約をさせられた

内容

「粗品がもらえる」「販売員の話が楽しい」などの雰囲気にひかれて、数カ月会場に通う間に、布団や電気治療器、下着などの高額な商品を契約させられてしまうSF商法(催眠商法)の相談が寄せられています。
長期間通い続けることで、販売員との間に親しい関係性が構築され、断りにくい心理に陥ります。小部屋などで個別に勧誘を受けると、本当は不要な品なのに断るのが難しくなります。

アドバイス

粗品や楽しい話につられて会場に近づかないことが第一です。

資料

 

困ったときや心配なときはご相談ください

七尾市消費生活センター(七尾市役所1階 総務課 人権・男女共同参画室内)

電話番号:0767-53-1112
ファクス番号:0767-54-8117

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課 人権・男女共同参画室
石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地
電話番号:0767-53-1112
ファクス番号:0767-54-8117

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?