本文へスキップします。

ホーム > くらし > 消費生活の相談 > よくある相談事例 > 個人情報流出事件に便乗した不審な電話にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

個人情報流出事件に便乗した不審な電話にご注意ください

近年、個人情報流出等の事件が多数発生しています。

こうした報道があると、消費者の不安な心理を突いた勧誘や不審な電話が増える傾向にあります。

日本年金機構や消費生活センターなどの公的機関をかたって、「あなたの個人情報が漏れているので、削除してあげる」などと電話をかけてきて、最終的にはお金をだまし取る詐欺も増えています。

公的機関の職員から「個人情報を削除してあげる」などと電話やメールでご連絡することは絶対にありません。

そのような電話は詐欺ですので、相手にせずすぐに電話を切ってください。

【事例1】

公的機関からの「あなたの個人情報が漏れている」という電話をきっかけに、宅配便で現金を送ってしまった。

【事例2】

公的機関の職員から「個人情報を削除します」と連絡があり、質問に答えたら次々に電話がかかってくる。不審。

消費者へのアドバイス

  1. 「個人情報を削除してあげる」などと持ちかけてくる電話は詐欺ですので、相手にせずにすぐ電話を切ってください。
  2. すぐに消費生活センター等に相談してください。
  3. 日頃から家族や身近な人による高齢者への見守りが大切です。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課 人権・男女共同参画室
石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地
電話番号:0767-53-1112
ファクス番号:0767-54-8117

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?