本文へスキップします。

ホーム > くらし > 防災 > 弾道ミサイル落下に対する行動

ここから本文です。

更新日:2017年11月10日

弾道ミサイル落下に対する行動

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、内閣官房からの情報を市民の皆さんへお知らせします。

弾道ミサイル落下時の行動

  • 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、「Jアラート」を活用して、屋外スピーカーで特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メールなどにより緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れたら、落ち着いて、直ちに行動してください

【屋外にいる場合】

  • 近くの建物の中か地下に避難。
    (注意)できれば頑丈な建物が望ましいですが、近くになければ、それ以外の建物でも構いません。

【建物がない場合】

  • 物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

【屋内にいる場合】

  • 窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

近くにミサイルが落下したとき

  • 屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い室内または風上へ避難する。
  • 屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

Jアラート(全国瞬時警報システム)の情報伝達訓練を毎月実施

  • 毎月1回、第4水曜日午後2時頃から、Jアラートの定期的な情報伝達訓練を実施します。
  • この訓練は、Jアラートによる情報伝達を万全のものとするために、屋外スピーカーなどを使用して行います。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-6880

ファクス番号:0767-53-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?