本文へスキップします。

ホーム > くらし > 届出・証明書 > 届出と証明 > 公的個人認証サービス

ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

公的個人認証サービス

重要なお知らせ

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が始まることにより、新たに「個人番号(マイナンバー)カード」が希望者に交付されます。

これに伴い、住民基本台帳カードおよび住民基本台帳カードに格納する電子証明書の新規発行・更新手続きは、平成27年12月22日(火曜日)午後4時30分で終了となりました。

これ以降は個人番号(マイナンバー)カードの交付申請をしていただきます。

電子証明書の有効期間にご注意ください

公的個人認証サービスの電子証明書の有効期間は、発効の日から3年間です。

有効期間が満了しますと電子証明書が失効し、国税の申告などの行政機関への電子申請ができなくなります。有効期間が満了した人および満了間近の利用者は個人番号(マイナンバー)カードの申請手続きを行ってください。

また、個人番号(マイナンバー)カードは、平成28年1月以降に交付されることとなっておりますが、申請が集中した場合、交付が平成28年の3月以降にずれ込むことも予想されますので、速やかに申請されることをお勧めいたします。

公的個人認証サービスに係る電子証明書の発行

電子証明書とは

住所、氏名、性別および生年月日のほか、暗号化したデータを復号するために必要な情報などが記録されており、これらの情報が申請者本人のものであることを証明するもので、行政手続きをインターネットで行う場合に必要です。

なお、電子証明書をご利用する場合は、事前に住民基本台帳カード(以下「住基カード」)およびICカードリーダライタが必要です。

有効期間

住民基本台帳カードに格納されている電子証明書の有効期間は発行日から3年

ただし、転居による住所変更など、電子証明書に記録されている情報に変更があった場合は、有効期間内であっても失効します。

対象者

発行日現在において、七尾市の住民基本台帳に登録されており、かつ、有効な住基カードをお持ちの人

発行申請ができる人

  • 原則として本人です。
    ただし、本人が15歳未満で、直接本人が申請できない場合などについては、以下のとおり、その法定代理人または任意代理人が申請できます。
  • 法定代理人(親権者など)
    本人が15歳未満または成年被後見人である場合は、本人とその法定代理人が、そろって受付窓口に来ていただくことが必要です。
  • 任意代理人
    任意代理人により電子証明書の発行申請する場合は、以下の条件すべてに該当することが必要です。
  1. 申請者本人が、七尾市において印鑑登録をしていること
  2. 任意代理人となる方が、電子証明書の発行日現在において、有効な本人確認書類(本人確認書類1に限る。)を1点以上持っていること

受付窓口

  • 健康福祉部市民課(七尾駅前ビル ミナ.クル2階)

郵送などによる発行申請はできません。必ず受付窓口にお越しください。

受付日時

  • 月曜日から金曜日まで(ただし、祝日、祝日の振替休日、年末年始を除く。)
  • 午前9時から午後4時30分まで

発行方法について

 

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民課

石川県七尾市神明町1番地(七尾駅前 ミナ.クル2階)

電話番号:0767-53-8417

ファクス番号:0767-53-3699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?