トップページ > 募集・イベント・セミナー情報 > 移住コンシェルジュ募集【採用者決定】

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

移住コンシェルジュ募集【採用者決定】

七尾街づくりセンター株式会社(注意1)が募集していた「移住コンシェルジュ」が決定しました。

太田 殖之(おおた のぶゆき)さん(住所:七尾市矢田町)

移住コンシェルジュには、これまで以上に多くの人を市内へ移住させるとともに、継続的に移住者を受け入れるための環境整備や仕組みづくりの中心的な役割を担っていただきます。

(注意1)「七尾街づくりセンター株式会社」
中心市街地の活性化を図るために設立され、七尾市をはじめ、金融機関や経済界が出資している会社です。

募集職種・採用人数

移住コンシェルジュ:1人

募集先

七尾街づくりセンター株式会社が募集します。

業務にあたり、七尾市の移住定住担当課との連絡を密にし、他の団体と連携して事業を推進します。

業務内容

  1. 移住希望者の相談(受付窓口)
  2. 都市部で開催する移住関連イベントへの参画
  3. ウェブサイトや動画などのメディアを活用した情報発信
  4. 移住体験プログラムの開発および体験希望者の受け入れ(市内案内)
  5. 短期滞在施設の検討および運営
  6. 市内への移住者および移住者受け入れ地域のサポート
  7. 求人情報の収集(企業訪問)
  8. ローカルベンチャー推進事業(注意2)との連携
  9. その他、有効と考えられる移住施策

(注意2)「ローカルベンチャー推進事業」

(1)七尾街づくりセンター株式会社が主体となり、市内企業の総合的な経営支援を行うことで、七尾市を元気にする取組みです。
(2)具体的な事業は、市内企業の支援、支援企業での雇用数増加、市内での創業支援です。
(3)ローカルベンチャー推進事業全体をマネジメントする「ローカルベンチャーアテンダント」が配置されます。

KPI(Key Performance Indicator、重要業績評価指標)

移住相談窓口を通じた県外からの移住者数:200人(平成29年~平成33年3月31日)

【参考】
七尾市まち・ひと・しごと創生総合戦略における目標数値(移住定住施策を通じた県外からの移住者数):年間40人から年間60人へ増加

応募資格

以下のすべてを満たす個人

  1. 住所、年齢、性別は問いません。
  2. 心身ともに健康であること。
  3. コミュニケーション力が高く、企画力・行動力に優れていること。
  4. 七尾市に生活の本拠を定め、定住すること。(既に定住している人を含む)
  5. 移住施策に関心が高く、移住者や地域住民とともに地域活性化に取り組む意欲があること。
  6. 普通自動車運転免許を有し、日常的な運転に支障がないこと。
  7. パソコンの操作ができ、インターネットやソーシャルネットワークキングサービス(SNS)の活用ができること。
  8. 次のいずれかに該当する人は、応募できません。
    (1)成年被後見人または被補佐人。(準禁治産者を含む)
    (2)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、またはその執行を受けることがなくなるまでの人。
    (3)日本国憲法、またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党、その他の団体を結成し、またはこれに加入した人。
    (4)暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団をいう。)

契約条件

契約期間

  1. 平成29年10月2日(月曜日)から平成33年3月31日までとします。ただし、契約は年度ごとに行うものとし、平成30年度以降は、本件予算が成立しない場合はこの限りではありません。
  2. 勤務態度および成果が認められないまたは見込めないと判断した場合は、契約を解除することがあります。

勤務場所

「七尾市創業支援館しるべ蔵」(七尾市桧物町57番地10)に事務スペースを置き、活動場所は七尾市内全域とします。

勤務時間

  1. 週35時間とします。
  2. 12月29日から1月3日は原則休みとしますが、移住希望者の相談などがあれば、適宜対応していただきます。

委託契約

  1. 委託料は月額30万円(消費税及び地方消費税を除く)とする。
  2. 上記金額には諸手当(住居手当、通勤手当)を含み、各種保険や年金にはご自身でご加入ください。
  3. 採用者と七尾街づくりセンター株式会社が委託契約を締結します。

その他

  1. 契約期間終了後、生業の一つとして本業務を継続的に維持・発展させる組織や仕組みを構築し、収益を生み出す仕組みを立ち上げること。
  2. 本業務以外に対価を得る活動をできるものとしますが、勤務時間外かつ本業務に支障がないと認めたものに限ります。

応募手続

期間

平成29年8月17日(木曜日)から平成29年9月5日(火曜日)午後5時必着

応募受付は終了しました。

方法

期間内に、直接持参または郵送(書留など記録が残るものを利用すること)

提出書類

  1. 履歴書
    A4サイズ、写真添付(3か月以内に撮影したもの)
  2. 職務経歴書(形式自由)
    次の事項などを記述してください。
    (1)業務内容
    (2)期間
    (3)役割(担当業務)
    (4)成果など
  3. 提案書(形式自由)
    テーマ「私が考える七尾市における移住定住促進策(新たな仕掛けづくり)」
    (注意)提出いただいた提案書をもとに、第2次審査でプレゼンテーション(10分程度)を行っていただきます。

お問い合わせ先・提出先

郵便番号:926-8611

住所:石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

担当課:七尾市役所総務部ふるさと振興課

電話番号:0767-53-1134

メールアドレス:nanaokurashi@city.nanao.lg.jp

受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)

(注意)募集・選考に関する事務を、七尾街づくりセンター株式会社から七尾市が受託しています。

質問事項

  1. 応募に関するご質問は、「移住コンシェルジュ質問事項」と明記し、電子メールでお問い合わせください。(電話では受け付けません)
  2. 質問事項のほか、「住所」「氏名(フリガナ)」「メールアドレス(パソコンメールを容易に送受信できるもの)」を明記してください。
  3. 質問は随時受け付け、当ウェブサイト上で公表します。
    なお、質問の最終期限は8月31日(木曜日)午後5時までとし、回答は、9月1日(金曜日)午後5時までに、当ウェブサイト上で公表します。

審査方法および日程

第1次審査

  1. 提出いただいた書類をもとに審査します。
  2. 合否は、平成29年9月8日(金曜日)までに決定し、応募者全員に通知します。

第2次審査

  1. 平成29年9月14日(木曜日)に七尾市内で、第1次審査の合格者を対象としたプレゼンテーション、面接審査を行います。(詳しい日程は、合格者へ別途通知します。)
  2. 審査結果は、平成29年9月15日(金曜日)に、七尾街づくりセンター株式会社から、参加者全員に通知します。
  3. 第2次審査の参加に伴うすべての経費(交通費、宿泊費など)は、応募者の負担とします。

その他

  1. 提出書類は返却しません。
  2. 応募に関する秘密は厳守します。
  3. 提出書類において虚偽の記載があった場合は採用を取り消す場合があります。
  4. 今回ご応募いただいた個人情報や提案資料は、移住コンシェルジュ募集に係る資料としてのみ使用し、その他の目的で使用することはありません。また、第三者へ提供することはありません。
  5. 審査経過および結果の問い合わせ、審査に対する異議申し立てには応じません。

募集・選考スケジュール

 

区分 項目 日時など

応募開始

平成29年8月17日(木曜日)

応募者 質問の最終期限

平成29年8月31日(木曜日)午後5時

質問の最終回答期限

平成29年9月1日(金曜日)午後5時

応募者 応募締切

平成29年9月5日(火曜日)午後5時

第1次審査結果通知日

平成29年9月8日(金曜日)

市・応募者 第2次審査実施日

平成29年9月14日(木曜日)

七尾街づくりセンター 第2次審査結果通知日

平成29年9月15日(金曜日)

応募者 着任日(業務開始)

平成29年10月2日(月曜日)

募集要項

移住コンシェルジュ募集要項(PDF:290KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?