トップページ > 七尾の住まい > 空き家情報(空き家バンク) > 空き家を売りたい・貸したい

ここから本文です。

更新日:2015年9月7日

空き家を売りたい・貸したい

空き家を売りたい・貸したいときには、空き家をバンクへ登録します。

また、登録した物件の契約が成立すれば、所有者に報奨金が支払われる制度があります。

登録できる空き家の条件

  • 現状のままか、軽微な修繕をすれば、人が住めそうな空き家のみ対象となります。
    (市指定の不動産事業者による空き家調査の結果を受けて、利用できるかどうかを市が判断します。)
  • 個人が居住を目的として建築した一戸建て住宅で、人が住んでいないこと。
    (店舗、法人名義、集合住宅は登録できません)
  • 専ら居住を目的とする家屋で、玄関、居室、便所、台所その他居住に必要な機能を備えること。

空き家バンク登録までの流れ

  1. 市へ「登録申請書(様式)(PDF:65KB)」を提出してください。
  2. 所有者が複数の場合は、「委任状(PDF:27KB)」を添付してください。
  3. 市指定の不動産事業者が物件を調査します。
    (所有者または管理者は立会いなどの協力をお願いします。)
  4. 物件調査後、利用が可能なものを登録します。
  5. 登録後は七尾市空き家バンク指定事業者以外との契約交渉はできません。

バンク登録の特典(報奨金)

町会を通じて空き家をバンクに登録し、売買や賃貸が成立した場合、市から報奨金をお支払いします。(1物件1回に限る)

条件

  • 町会を通じて空き家をバンク登録した。
    (登録申請書の「町会長の同意欄」に記入があること)
  • 建物である。(土地のみは対象外)
  • 所有者と利用者が3親等以内の親族または姻族ではない。

金額

  • 所有者へ:10万円
  • 町会へ:5万円

注意事項

  • 物件調査の結果、利用可能な空き家のみバンクへ登録となります。申請いただいた物件が、すべて登録されるわけではありません。
  • バンク登録後、内容に変更があった場ときは、すみやかに変更の届け出(PDF:41KB)をお願いします。
  • 相続、境界確認などが必要な場合は、それ以降の登録になります。また、登記や測量などに 伴う費用は、所有者の負担になります。  
  • 契約成立時には、法定の仲介手数料がかかります。
  • 市は交渉や契約には一切関与しません。

様式

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?