トップページ > 七尾を知る > 基本情報

ここから本文です。

更新日:2015年2月2日

基本情報

概要

日本のほぼ中央、日本海に突き出た能登半島の中ほどに位置します。

平成16年10月1日、七尾市、田鶴浜町、中島町、能登島町の1市3町が合併して、新しい七尾市になりました。

天然の良港として栄えてきた七尾港を海の玄関口とし、古代から能登の政治・経済・文化の中心地として発展を続けてきました。

七尾市は開湯1200年渚のいで湯として全国的に有名な和倉温泉や、様々なリゾート施設がある観光の島・能登島をはじめ、観光資源が豊富な魅力にあふれています。

平成23年には能登地域の里山里海が『世界農業遺産』認定され、能登の人々の暮らしそのものが世界から評価されました。

人口

【資料:平成27年1月1日現在推計、石川県統計情報室】
54,519人 25,766人、 28,753人)

世帯

【資料:平成27年1月1日現在推計、石川県統計情報室】
20,774世帯(平均世帯人員2.62人)

気候

日本海側の気候であり、年間降水日数が多く、冬季は雪が積もります。

年間の平均気温は13.6℃です。

 

 

平均気温(七尾東京)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平均気温(七尾大阪) 

 

 

 

 

 

 

 

 

積雪日数は50日程度です。

積雪は北陸地方の中では比較的少なめで、市街地は多い時でも30cm程度です。

降水量(七尾東京)

降水量(七尾大阪)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?