本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2018年4月11日

子ども医療費助成

子どもにかかる医療費の一部を給付することにより、疾病の早期発見と早期治療を促進し、子どもの保健の向上と福祉の増進を図ります。

内容

七尾市に住所を定め、健康保険に加入している子どもの入院通院医療費・薬剤費(保険適用分)を助成します。

医療機関の窓口で支払った医療保険の自己負担分について、申請することで助成を受けることができます。

対象者

0歳~18歳到達の年度末までの七尾市内に住む子ども(平成30年4月診療分から適用)

  • 0歳~18歳の入院・通院・・・自己負担なし(平成30年4月診療分から適用)
  • 平成30年3月診療分以前の分に関しては小・中学生の通院1,000円の自己負担あり((医療機関に支払った保険適用分のうち1カ月の合計金額が子ども1人につき1,000円を超えたとき、1,000円を控除した額を助成。)

対象となる医療費

健康保険が適用された医療費(入院費・通院費・薬剤費など)が対象となります。

  • 予防接種、容器代、入院時の部屋代および食事代などは対象外です。
  • 高額療養費や家族療養付加給付金が発生する場合は助成額から控除されます。
    (申請のときは、支払前に限度額適用認定を受けるか、加入している健康保険に給付の手続きを行い振込み通知書を持参してください。)
  • 保育園・学校内などのケガにより日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度の適用を受ける場合には申請できません。災害共済給付制度の適用を受ける場合、領収書は一度学校に提出してください。

申請期間

診療月の翌月から1年間
(例)平成30年4月診療分は、平成30年5月から平成31年4月末まで申請可

申請に必要なもの

以下のものを持参し、申請受付場所で申請してください。郵送でも申請できます。

※1)2回目以降は不要。ただし、健康保険証・振込口座に変更がある場合は持参し、申請の際にお知らせください。また、入院の領収書がある場合は、子どもの健康保険証の写しが必要となります。

※2)税申告の医療費控除として自費支払分・自己負担分を使用したい場合は、領収書原本を一度窓口に持参し、申請の際にお知らせください。

※3)治療用装具や弱視用装具の申請は、加入している健康保険にて療養費の支給の手続き後、領収書の写し・医師の診断書(作成指示書)などの写し・療養費支給決定通知書・子どもの健康保険証を持参してください。

保護者が七尾市外にいる、もしくは七尾市に転入した人などの場合に、所得課税証明書が必要になる場合があります。(1月~9月診療分までは前々年中の証明書、10月~12月診療分は前年中の証明書が必要)

給付時期

申請の翌月末に、指定の口座へ振込みされます。

申請受付場所

子育て支援課(パトリア3階)

平日:午前8時30分~午後6時30分

土曜日:午前8時30分~午後5時15分

(祝日および年末年始を除く)

田鶴浜行政サービスコーナー(田鶴浜地区コミュニティセンター内)

中島行政サービスコーナー(中島地区コミュニティセンター内)

能登島行政サービスコーナー(能登島地区コミュニティセンター内)

平日:午前8時30分~午後5時15分

(祝日および年末年始を除く)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部子育て支援課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-8419

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?