本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 平成27年度第1回七尾市ケーブルテレビ放送番組審議会会議録

ここから本文です。

更新日:2015年7月11日

平成27年度第1回七尾市ケーブルテレビ放送番組審議会会議録

会議の名称

第1回七尾市ケーブルテレビ放送番組審議会

会議の開催日時

平成27年6月11日(木曜日)午前10時から午前11時まで

開催場所

七尾市役所301会議室

傍聴者数

0人

内容

参加者

委員など

委員6名
事務局2名

1.開会(会長)

会長あいさつ

2.審議事項

(1)ケーブルテレビななお自主放送番組基準の一部改正について

(事務局)

ケーブルテレビななお自主放送番組基準の一部改正に至った経緯について説明

(CS放送で放送された提供番組の中で一部「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」に抵触する放送があったことから、ケーブルテレビの自主放送番組基準に「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」を記載し、自主放送番組基準をホームページで公表するよう総務省からの要請があった)「放送法5条」

(会長)

今までは、基準に記載されていなかったのですか

(事務局)

「ケーブルテレビななお」は、日本ケーブルテレビ連盟に加盟しており、放送番組の基準についても、日本ケーブルテレビ連盟の基準に準拠しているということですが、はっきりと明記していませんでした。今回、総務省から指摘があったことから、放送番組基準の第6条の5項に「細かく点滅する映像や急激に変化する映像手法などについては、別紙「アニメーション等の映像手法について」に準拠し、視聴者の身体への影響に十分配慮する。」を新たにを追加し、市のホームページで公開したいと思いますので皆様のご意見を伺いたいと思います。放送基準では、番組の政策や計画などを変更する場合は、番組審議会を開催し、委員の諮問を受けることが定められておりますので委員の皆さんのご意見をいただきたいと今回集まっていただきました。別紙の「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」の中に記載されている基準を超えるようなことがあった場合は、予防手段として「テレビの見方」などの情報を視聴者へ周知することが有効な手段と思います。

(委員)

誰が、測定するのですか。

(事務局)

番組制作会社が行います。

(会長)

カメラのフラッシュが多いニュースなども該当するのですか。

(事務局)一瞬でも、ガイドラインを超えるような状況があった場合は該当します。

(委員)

この「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」に準拠するという形ですか。

(事務局)

日本放送協会と日本民間放送連盟が定めた放送基準に、ケーブルテレビ連盟も準拠しており、ケーブルテレビも同じく準拠するということになります。

(会長)

この件に関して委員の皆さんからご意見、ご質問はございませんか。

(委員)

これは、必要なことだと思う。

(委員)

そういった、通達であるのならやらなければならないですよね。

(会長)

身体に影響を及ぼす恐れがあるということで大事なことだろうと思います。

この改正案について同意されますか。

(委員全員)

はい。異議なし。

(会長)

ありがとうございます。

それでは、承認いたしますということでお願いします。

その他として何かございますか。

(委員)

現在のケーブルテレビの人員はどうなっているのですか。

昨年は、職員の数も減っているということでしたが。

(事務局)

今年4月から、ケーブルテレビは広報広聴課となり、ケーブルテレビと広報は広報グループとなりました。人員については、昨年度とほとんど変わっていません。

(委員)

七尾市は、ケーブルテレビに対してどれだけ力を入れているのか。

番組を見る限りでは、ちょっと内容が弱いかなという感じがします。

(副会長)

ニコニコちゃんねるの番組を最初から見ると分かるが、途中から見ると何を放送しているのか分からないので他のチャンネルに変えてしまうこともあるので、テロップなどを入れて何の番組か分かるようにしていただきたい。

(委員)

内容の充実が大事ですよね。行政が予算なり人員を増やすなど、市民がもっと楽しめる番組を作っていただきたいと思います。

(事務局)

前回からも、その話はでてきており、すべての番組に対応することは難しいが、祭りなどの番組には出来る限りテロップを入れ対応しています。

(委員)

人員が不足し大変だと思うが、市内のいろんな場所で開催されているイベントの情報がほしい。

(副会長)

ケーブルテレビのニュース番組を充実させるよう前向きに考えていかないと、その場の回答では我々が会議に参加している意味がないのでは。

(委員)

何を言いましてもケーブルテレビに加入している人が少ない。

全体の3分の1ぐらいでしょ。

(副会長)

いくら加入者が少なくても加入している人が沢山番組を見てもらうような魅力ある番組づくりをしていただくということが必要ですし、周知する方法も検討していかないと思う。

(委員)

私も十数人が集まるような集会の場所でケーブルに加入しているかを聞いたりするが数人しかいない。

(事務局)

旧3町と灘地区ではほとんどが加入しており、市民が密集する中心地の加入率が少ないことで割合が低いのであって、決して加入者が少ないというわけではない。

(会長)

毎日、ケーブルテレビを見る方向にもっていかなければと思うが、法などでこれだけ沢山の番組があるのではなかなか難しいことだと思います。

(事務局)

ケーブルテレビななおは、行政番組であることから行政情報(文字放送等)を放送することが一番の目的だと思います。これだけ民間の放送番組が充実している中で、現在のケーブルテレビななおのスタイルが良いのかどうかということも考えていかなければならないのかとも思います。

(会長)

その他、ご意見やご質問はございませんか。

なければ、本日の日程は以上で終了いたします。

これで、平成27年度第1回七尾市ケーブルテレビ放送番組審議会を終了いたします。この後、5階のケーブルテレビの編集室を見学したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

午前11時終了

お問い合わせ

所属課室:市民生活部広報広聴課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8423

ファクス番号:0767-52-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?