本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2015年8月1日

8月分

2015(平成27)年8月2日「地球の温暖化は北極が決めている!?」~氷の世界の体験記~

子どもの読書活動優秀実践図書館として、平成27年度に文部科学大臣表彰を受けた中島図書館。受賞を記念して中島町出身、東京学芸大学大学院生の大洞行星さんによる講演会が行われ、約30人が参加した。

2015(平成27)年8月3日全国小学生柔道大会への出場報告~市柔道少年団初の快挙~

6月7日(日曜)に県立武道館で行われた小学生学年別柔道大会石川県大会。5年生女子40kg級で、戸澗望愛さん(天神山小)が優勝し全国大会出場を決め、近江教育長に出場報告を行った。県大会では、準決勝で優勝候補の選手を得意の内股で破り、決勝でもその勢いは止まらず全国大会への切符を勝ち取った。

2015(平成27)年8月3日モントレー短期青少年交換学生市長表敬訪問~文化の違いを学び七尾を満喫~

七尾市と姉妹都市提携を結んでいるアメリカのモントレー市。七尾ロータリークラブの青少年交換プログラムでモントレー市の学生が七尾市を訪れ、7月31日(金曜)から8月8日(土曜)まで滞在する。

2015(平成27)年8月4日子ども防災体験~みんなで防災マスターになろう~

矢田郷地区まちづくり協議会が矢田郷地区の4年生から6年生25人を対象に、初めて子ども防災体験を行った。楽しみながら防災を学び、災害が起こったときの備えを学ぶことが目的。

2015(平成27)年8月5日古代歴史体験勾玉づくりと火おこし体験~夏休みの思い出に~

小学生の夏休み期間を利用して、みらい子育てネットみそぎクラブが企画した体験に、24人の子どもが参加し、火おこし体験と勾玉づくりが行われた。火おこしを体験した夛田久泰くんは「煙だけでも起こすことができてよかった。力を込めてやると大変だった」と火をおこす大変さを学んでいた。

2015(平成27)年8月6日「ふるさと歴史教室」第5講座~戦争と平和を考える~

田鶴浜地方史の会が、田鶴浜小学校6年生43人に「戦争と平和」というテーマで講義を行った。講師は、地方史の会の小浦忠吉さんと会長の上島進さん。児童たちは、相馬地区で昭和20年に飛行場が造成されたこと。飛行機の離着陸が行われる数時間前に終戦したため、幻の飛行場と呼ばれていることなどを学んだ。

2015(平成27)年8月6日七尾市役所職場体験~若手職員と座談会~

七尾高等学校2年生8人が3日間、七尾市役所で職場体験を行った。健康推進課で検診の手伝いを行ったり、上下水道課で水道施設の見学に行ったりして、市役所では、どのような仕事が行われているかを体験。

2015(平成27)年8月7日外国語指導助手(ALT)の大相撲観覧~日本の国技を知り、文化を学ぶ~

市内小中学校に勤務する外国語指導助手(ALT)と市内300人の小学生が招待され大相撲七尾場所を観覧した。外国語指導助手は、日本の国技相撲を生で見るのは初めて。相撲の取り組み以外にも、太鼓や相撲甚句など日本古来の文化を楽しんだ。

2015(平成27)年8月7日帆船『日本丸』七尾港寄港~海と港に親しみをもつきっかけに~

太平洋の白鳥と呼ばれる帆船『日本丸』が、矢田新第一埠頭岸壁の本格供用開始に合わせ寄港した。『日本丸』は、独立行政法人航海訓練所の航海練習船として使われ、今回は東京海洋大学の1年生109人の実習も兼ねている。

2015(平成27)年8月8日第12回御祓川まつり~優しい灯りと音色に包まれて~

川に本来の清流を呼び戻すという思いから、12回目の開催となった御祓川まつり。御手洗の儀、大祓いの儀、清水流しの儀、茅の輪くぐりの儀が順に執り行われた。

2015(平成27)年8月8日田鶴浜あかりまつり2015~灯りが人と地域を照らし、つなぐ~

田鶴浜あかりまつりは、能登半島地震からの復興を願い開催され今年で8回目を迎えた。訪れた人は、バンド演奏や踊り流し、お楽しみ抽選会などで交流を深めていた。

2015(平成27)年8月9日ガラス作家さんと万華鏡作り~鏡の世界を覗き込む~

オリジナルの万華鏡を作成し、普段見ている物や景色がどのよう見えるか、視覚効果を楽しむワークショップが開かれた。講師は、富山ガラス造形研究所教授の本郷仁さん。参加した子どもたちは、テープやシールを使い、集中してオリジナルの万華鏡を仕上げた。

2015(平成27)年8月11日ドラム缶でお風呂を沸かそう~身近なエネルギーを体験で学ぶ~

能登島放課後児童クラブに通う児童25人が、火おこしやドラム缶風呂を体験した。身近にある間伐材や枝などがエネルギーになることを知り、楽しく使い方を学び、昔と今との生活の違いを知ってもらうことが目的。

2015(平成27)年8月15日ドリームカプセル開封~20年前の夢と思い出に再会~

平成7年3月、県道庵鵜浦大田新線の開通を祝い、当時の東湊小学校6年生44人が埋めたドリームカプセル。20年の時を経て開封式が行われた。お盆の時期に合わせたこともあり、東京から帰省した卒業生や当時の担任の先生も参加。

2015(平成27)年8月21日第28回ジャパンテント世界留学生交流~ところてん作りを体験~

ジャパンテントは、日本に在住する外国人留学生を石川県に招待し、地域の文化や住民と触れ合う取り組み。県全体で約300人。七尾市に滞在している、18カ国24人の参加者は、絵手紙作りやところてん作りを体験。

2015(平成27)年8月24日海の中の森を学ぼう~海の環境を守る海藻とその美しさを体感~

6年生55人が、海藻の役割や美しさを学び、海藻押し葉作りを体験した。講師は、海藻おしば協会北陸支部長の白井洋子さん。

2015(平成27)年8月25日防火教室~楽しく分かりやすく防火を学ぶ~

園児70人が「自分のまちは自分で守る」を合言葉に火の怖さを学び、火遊びをしない防火の誓いをたてた。七尾市第二消防団の女性団員4人が先生を務め、紙芝居を使い住宅用火災警報器を分かりやすく説明。

2015(平成27)年8月27日日室の鎌祭り~風鎮祭で豊作、豊漁を願う~

毎年8月27日に行われる鎌祭りは、日室集落の山中に位置する諏訪神社脇の神木のタブの木に、一対の鎌(雄鎌と雌鎌)を打ち付け豊作、豊漁を願う祭り。

2015(平成27)年8月30日やったー、僕たちの奉燈だ!~建具の町でミニ奉燈を寄付~

地元の田鶴浜建具の一花建具さんから田鶴浜保育園に贈られた、高さ120cmの奉燈1基が田鶴浜地区敬老会で初披露された。昔は、建具の町としてどこの家にもあった奉燈だが、最近なくなりつつあり、子どもたちに昔からあったことを知ってもらおうと寄付されたもの。

2015(平成27)年8月31日全国小学生陸上競技大会入賞報告~道下隼翔くん、自己ベストで6位入賞~

8月22日に神奈川県の日産スタジアムで全国大会が行われ、男子ソフトボール投げの部門に道下隼翔くん(石崎小6年生)が出場し、見事6位に入賞した。学童野球ではキャッチャーを任される強肩を発揮し、記録は県大会を大幅に更新する73メートル79センチ。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部広報広聴課

〒926-8611石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8423

ファクス番号:0767-52-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?