本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2015年7月1日

7月分

2015(平成27)年7月1日社会を明るくする運動出発式~犯罪や非行のない社会を目指して~

社会を明るくする運動七尾鹿島地区実施委員会や七尾鹿島保護区保護司会が集まり、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会づくりを目指す運動の出発式が行われた。参加者は、7月1日からの強調月間にあわせ7月31日まで街頭キャンペーンを行う。

2015(平成27)年7月1日七尾駅観光案内所オープン~七尾の魅力を笑顔でおもてなし~

北陸新幹線金沢駅開業によって、七尾、能登に訪れる観光客が増えている。能登の玄関口である七尾駅に下車し観光客を最初に迎え入れ、七尾を案内するため9年ぶりに七尾駅構内に観光案内所がオープンした。

2015(平成27)年7月2日100歳誕生日おめでとうございます~小野静子さん~

七尾で生まれた後、北海道に移り住み、早くから働きはじめた静子さん。夫を戦争で亡くし、七尾に戻ってからはうどん屋や仏壇店で働き家庭を支えていた。娘のセツ子さんは「人の面倒見が良く、一番尊敬する人」と話してくれた。

2015(平成27)年7月3日下水処理場見学会~きれいな川や海を守るために~

下水道の大切さと建設業への関心を高めてもらおうと七尾鹿島建設業協会が山王小学校5年生51人を招待した。実際の下水と処理水を見比べたり顕微鏡で微生物を見たり、体験を通して下水処理場の仕組みや下水の処理方法を学んだ。

2015(平成27)年7月4日自転車交通安全教室~自転車事故ゼロを目指す~

今年6月に道路交通法の改正で自転車の危険行為を繰り返す人に安全講習会が義務付けられたことをうけて、七尾東部中学校育友会が1年生を対象に、七尾自動車学校やJR、警察職員の協力で安全教室を行った。

2015(平成27)年7月6日長谷川等伯の漫画を寄贈~子どもたちが等伯を知るきっかけに~

のと共栄信用金庫が、創立100周年事業の一貫として作成した長谷川等伯の漫画4,100冊を、市内小中学校全児童、生徒に寄贈した。漫画は、七尾市出身で『センゴク』や『ヤマト猛る!』の作者、宮下英樹さんの書き下ろし作品。

2015(平成27)年7月7日手作り巣箱作りに挑戦~野鳥と共生する小学校に~

平成27年度から5年間、県の愛鳥モデル校に指定された田鶴浜小学校。6年生43人は、日本鳥類保護連盟石川支部の田島義久さんから巣箱の特徴の説明を受けた。「親鳥がこけや草などで、ふわふわのベッドを作るんだよ」という説明に、児童たちは興味を持って聞き入っていた。

2015(平成27)年7月8日田んぼの生きもの調査~里山里海の素晴らしさを手で触れて学ぶ~

「能登の里山里海」の大切さを知り、次代へ継承することを目的に、小丸山小学校6年生68人が、藤橋町と飯川町に分かれ、田んぼの生きもの調査を実施した。小雨が降る中、児童たちは我先にと田んぼ横の水路に入り、タモを片手にドジョウやカエルなどの生きものを見つけ出していた。

2015(平成27)年7月9日ヒラメの稚魚を放流しよう~稚魚の成長に願いを込めて~

鵜浦地区水産環境整備事業の一環で、東湊小学校6年生36人がヒラメの稚魚約6,000匹を放流した。児童は、県水産総合センターの海田さんから、ヒラメが卵からかえって放流されるまでの成長過程やエサの説明を受けた。

2015(平成27)年7月10日「福志式」ウエア・エプロンの儀~実習を前に気持ちを新たに~

介護福祉士を目指す、田鶴浜高校健康福祉科の2年生32人。8月から始まる施設入所型実習を前に、大島尚文校長から実習衣のエプロンが与えられ、生徒たちは緊張した面持ちで受け取っていた。

2015(平成27)年7月11日三引の「獅子舞」を披露~伝統を父から子へ伝える~

あかくら保育園の園児と学童保育の児童84人に伝統ある地元の三引の「獅子舞」を見せようと地元の三引町青年団が披露した。祭り以外で、子どもたちに獅子舞を見せるのは初めての試み。三引の「獅子舞」は市の文化財に指定されており、獅子の両横に猿面を付けた猿の子が獅子をかばいながら舞う珍しい獅子舞。

2015(平成27)年7月15日食育出前講座~「ありがとう」の気持ちで残さず食べる~

全校児童119人が紙芝居やDVD、クイズなどで食育活動をしているスギヨ仮面と一緒に食の大切さを学習した。児童は、食べ残した食品が年間約2,000万トンも捨てられていることを知り驚いていた。

2015(平成27)年7月16日外務省高校講座~国際問題への関心を深める~

2年生238人が、外交・国際問題への関心や理解を深めることと進路選択の参考にすることを目的に外務省職員の講義を受けた。講師は外務省北米局の林真梨子さん。林さんはアフガニスタン着任時代の状況を細かく説明し、生徒は普段聞くことができない新鮮な話に興味津々の様子だった。

2015(平成27)年7月19日鮎に親しむ親子ふれあい体験教室~鮎釣りと川遊びで自然を満喫~

南大呑地域づくり協議会が中心になって開催した鮎釣り体験教室に、約40人の子どもたちが参加した。地元に現存する自然を体験することが目的。「竹竿を小刻みに動かすのがこつ」と、お父さんやお母さんに教わりながら、子どもたちは鮎やうぐいを釣り上げていた。

2015(平成27)年7月21日じゃがいも収穫体験~地産地消のできる環境に感謝~

4月に植えた種イモが収穫時期を迎え、あかくら保育園17人と和倉保育園18人の園児が坂口惣治さんの畑で収穫体験を行った。収穫を通じて、食べ物に関心を持ち、地域の生産者に対する「感謝の心」を育てるのがねらい。

2015(平成27)年7月26日和倉温泉運動公園テニスコートオープン~テニスの聖地を目指して~

北陸地方最大級、24面を誇るテニスコートが完成。式典とエキシビジョンマッチが行われ、約400人が訪れた。

2015(平成27)年7月28日身近な川の環境を調べよう~学校近くの川に親しむ~

環境学習授業の一環で東湊小学校6年生35人が高田川(佐味町)に生息する生き物調査を行った。児童たちは川の中にタモを置き足で石を転がしながら生き物を上手に捕獲し、数や種類などを調べた。

2015(平成27)年7月28日段ボールかぶと作り~みんなで七尾城まつりを盛り上げよう~

9月20日日曜日に開催される第74回七尾城まつりに向けて、城山を校区に持つ天神山小学校の5年生60人が段ボールかぶと作りに挑戦。祭り当日の、武者行列に参加する予定。

2015(平成27)年7月29日105歳誕生日おめでとうございます~中村トキヲさん~

鉄道がまだない時代、祖母とリアカーを引っ張り、田鶴浜から七尾まで歩いて買い物に通っていたトキヲさん。誕生日会では、四男康夫さんの妻邦子さんと、8歳の誕生日を迎えたひ孫の悠輔くんがオカリナと鍵盤ハーモニカでカエルの合唱や海などを演奏し、お祝いに花を添えた。

2015(平成27)年7月30日「伸ばせ!七尾っ子」プロジェクト子育て座談会~子どもたちがネット社会を正しく生きるために~

保護者、教員、地域住民が子育てのヒントやそれぞれの考え方を話し合い、情報共有する「伸ばせ!七尾っ子」プロジェクト。保護者が主体的に活動するのは、全国的にもめずらしい取り組み。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部広報広聴課

〒926-8611石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8423

ファクス番号:0767-52-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?