本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2017年12月25日

1~3ページ

1ページ

広報ななお
七尾ごころ
平成30(2018)年1月号 No.160
一人一人が輝く年に

2、3ページ

新年のごあいさつ

昨年は、御祓と朝日、田鶴浜の3中学校を統合し、七尾中学校を4月に開校しました。生徒は新しい環境で、歴史を一日一日刻んでいます。また、和倉温泉運動公園テニスコートでは、8月から9月にかけて全日本学生ソフトテニス大会や能登和倉国際女子オープンテニス2017などが開催され、各試合で熱戦が繰り広げられました。各種スポーツ施設が大いに利用され、多くの人に七尾の魅力を存分に堪能していただきました。10月には、誘致企業である株式会社バイテックファーム七尾の植物工場の出荷式が行われるなど、実り多い1年となりました。

人を呼び込み、雇用を創出
昨年10月、企業に新商品開発や雇用拡大を働き掛けるローカルベンチャーアテンダントと、移住を支援するコンシェルジュを配置し、都市部から人を呼び込む受け入れ体制を整えました。企業誘致や創業支援、移住定住に積極的に取り組むと共に、地場産業の活性化や農業・水産業の振興を図り雇用を創出し、引き続き安心して働ける環境づくりを進めてまいります。
建設中の(仮称)七尾博物館は、世界農業遺産「能登の里山里海」をコンセプトに、受け継がれてきた祭礼や歴史、文化、能登の豊かな自然環境や生物多様性を体験しながら学び楽しむことができる施設です。能登国が立国して1300年を迎える今年10月のオープンを目指しております。さらにサッカーグラウンドやテニスコートなどの交流拠点も最大限活用し、スポーツ合宿や各種大会、教育旅行の誘致など、幅広く交流人口の拡大につなげてまいります。

安心安全に暮らせる地域づくり
全地区に設立された地域づくり協議会が中心となって行う防災や防犯活動、地域福祉の向上など、地域の課題解決への取り組みを支援し、持続可能なまちづくりをすすめてまいります。
4月には、ミナ.クル3階にある親子ふれあいランドあい・あい・あいを七尾サンライフプラザ内に移転し、就学後も子どもの健全な育ちを支える施設にします。若者が七尾に住み続け、安心して子育てできるよう、結婚から妊娠、出産、子育てまでの支援体制を確保し、充実させてまいります。
また、徳田小学校と高階小学校を統合して朝日小学校を開校し、有磯小学校を東湊小学校に統合します。それぞれの学校が築き上げてきた伝統を受け継ぎ、新しい歴史を刻んで欲しいと願うところであります。今後とも、七尾の将来を担う子どもたちが多くの仲間と切磋琢磨しながら学び合うことができる教育環境の確保に努めてまいります。

七尾創生に向けて
国が進める地方創生の取り組みや人づくり改革など国の動向に的確に対応しながら、七尾市まち・ひと・しごと創生総合戦略で掲げる重点施策に戦略的かつ積極的な予算配分をすることで、市民の皆さま一人一人が夢や希望を持って輝けるよう、七尾の創生に取り組んでまいります。

七尾市長 不嶋豊和

お問い合わせ

所属課室:市民生活部広報広聴課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-1130

ファクス番号:0767-52-2812

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?