本文へスキップします。

ホーム > よくある質問 > よくある質問:保険・年金・税 > 固定資産税 > 地価が下落しているのに土地の税額が上がるのはなぜですか。

ここから本文です。

更新日:2013年8月20日

地価が下落しているのに土地の税額が上がるのはなぜですか。

平成6年度に宅地の評価額を地価公示価格の7割程度とする評価替えが行われました。この評価替えにより、評価額は今までに比べて大きく上昇することになりました。

そこで、税額が急に増えないように本来の税額となるまで、毎年少しずつ上がっていくように定められました。

そのため、地価が下落し土地の評価額が下がっているのに、土地の税額が上がることになります。

地価公示価格とは

地価公示法に基づき、国土交通省土地鑑定委員会が、毎年1月1日に全国の標準地の正常な価格を調査して公示する土地の価格

正常な価格とは

売り手・買い手双方に売り急ぎ、買い進みなどの特殊な事情がない取引に成立すると認められる価格

本来の税額とは

課税標準額(税率をかける基礎となる金額)×税率=税額

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課

石川県七尾市神明町1番地(ミナ.クル2階)

電話番号:0767-53-8412

ファクス番号:0767-53-2553

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?