本文へスキップします。

ホーム > よくある質問 > よくある質問:保険・年金・税 > 固定資産税 > 建物は年々古くなっていくのに、評価額が下がらないのはおかしいのではないでしょうか。

ここから本文です。

更新日:2013年8月20日

建物は年々古くなっていくのに、評価額が下がらないのはおかしいのではないでしょうか。

新築家屋以外の家屋は、3年に一度評価替えをするため、3年間は同じ評価額となります。家屋の評価額は、建物が古くなっていっても前年の評価が低いと評価額が下がらないことがあります。

家屋の評価額は、評価替えの時に、その場所に同じ家屋を新築した場合に必要とされる建築費(再建築価格)を計算します。その建築費に、家屋の建築後の経過年数による補正率(経年減点補正率)を掛けて決めます。(評価額1=再建築価格×経年減点補正率)

ただし、評価額1が前年の評価額を超えるときは、前年と同じ評価額になります。詳しくは、お問い合わせください。

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課

石川県七尾市神明町1番地(ミナ.クル2階)

電話番号:0767-53-8412

ファクス番号:0767-53-2553

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?