本文へスキップします。

ホーム > くらし > 子育て・教育 > 子育て > 妊娠・出産 > 特定不妊治療費の助成

ここから本文です。

更新日:2015年12月1日

特定不妊治療費の助成

助成対象者

1~5すべてを満たす人

  1. 特定不妊治療を受けている戸籍上の夫婦
  2. 夫婦の両者または一方が、不妊治療を開始した日の1年以上前から引き続き石川県内に住所を有し、治療日において、七尾市に住所を有する人
  3. 医療保険に加入している人
  4. 夫婦合算の年間所得金額が730万円未満の人
  5. 石川県不妊治療費助成の決定を受けた人

対象となる治療の種類・内容

  • 治療の種類
    1. 体外受精
    2. 顕微授精
  • 治療の内容
    A.新鮮胚移植を実施
    B.凍結胚移植を実施
    C.以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
    D.体調不良などにより移植のめどが立たず治療終了
    E.受精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精などにより中止
    F.採卵したが卵が得られない、または状態のよい卵が得られないため中止

助成金額

治療に要した費用から県助成額を差し引いた金額の7割を助成
ただし、1回あたり上限15万円(C・Fの治療内容については、1回あたり上限7.5万円)

申請する前に準備するもの(申請手続きに必要なもの)

  1. 特定不妊治療費助成承認決定通知書(石川県発行)の写し
  2. 石川県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  3. 戸籍上の夫婦であることを証明する書類(戸籍謄本)
  4. 夫婦それぞれの前年の所得(前年の所得が確定するまでの間の申請するときは、前々年の所得)を証明する書類(所得課税証明書)
  5. 夫婦それぞれの住所を確認できる書類(住民票)

3~5は、無料で取得できる書類がありますので、申請前に一度、健康推進課(パトリア3階)の窓口にお越しください。

申請するときに必要なもの(申請手続きに必要なもの)

  1. 保険証(夫婦二人分)
  2. 申請する人(夫または妻どちらか)の印鑑
  3. 申請する人の預金通帳
  4. 申請する前に準備した書類

申請期間

石川県の助成の決定を受けた日から起算して1年以内に申請してください。

資料

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-3623

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?