本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2019年6月24日

手足口病にご注意ください

石川県での手足口病の流行状況

石川県の感染症対策について(石川県ホームページ)(外部サイト)

手足口病とは

手足口病とは、エンテロウイルスによる感染症です。

患者の年齢は、4歳くらいまでの幼児が中心です。

症状

潜伏期は3~5日くらいです。

口腔粘膜、手掌、足底や足背などの四肢末端にできる大きさ2~3ミリの水泡性発疹を主症状とします。

基本的には、数日のうちに治癒します。

合併症として下痢を伴うことがあり、まれに髄膜炎、脳炎を合併することがあります。

感染予防のポイント

ウイルスには、感染している人の咳などによる飛沫や接触、便の中に排泄されたウイルスが口に入ることにより感染します。

手洗いをしましょう

ウイルスには接触によっても感染します。石けんで丁寧に手を洗い、十分に洗い流しましょう。

排泄物は適切に処理しましょう

手足口病は、治った後もしばらくは便の中にウイルスが排泄され、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している人がいると考えられます。特におむつを交換するときは、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-3623

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?