本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2019年5月27日

熱中症対策

連日、気温が高い日が続くと熱中症にかかるリスクが高まります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い日・風が弱い日や、体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。また、室内や夜間でも発生するので、部屋の環境を整えることも必要です。

熱中症の予防

暑さを避ける

  • 室内では扇風機やエアコンで温度を調節し、外出時には日傘や帽子を使用する。
  • 気温の高い日は、日中の外出をできるだけ控える。

暑さに負けない体づくり

  • 1日3食バランスの良い食事を心掛ける。
  • 室内でも、外出時でものどの渇きを感じる前にこまめに水分補給をする。
  • 睡眠環境を整え、しっかりと睡眠をとる。

作業時の注意

  • 体調が悪い日は、作業を行わないようにする。
  • 日陰を確保して、一定時間ごとに必ず休憩をとる。
  • できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行う。

熱中症の症状

程度

症状

軽症

めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

中等度 頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感
重症

意識がない、けいれん、高い体温、呼び掛けに対し返事がおかしい、まっすぐ歩けない、走れない

熱中症になったときの処置

(1)意識がある、反応が正常なとき

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する

水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請する。

(2)意識がない、反応がおかしいとき

  1. 救急車を要請する
  2. 涼しい場所へ避難させる
  3. 衣服を脱がせ身体を冷やす
  4. 医療機関に搬送する

一般的な熱中症対策

環境省のウェブサイトで熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)を公表しています。これらの情報を随時確認し、熱中症にかからないようにしましょう。

暑さ指数(WBGT)」(外部サイト)は、労働や運動時の熱中症予防に用いられています。(環境省熱中症予防情報サイト)

また、「熱中症環境保健マニュアル(外部サイト)」を活用し、熱中症の予防対処法や適切な処置にご活用ください。

夏季のイベントでの熱中症対策

夏季に開催される、人が多く集まるイベントなどでは、熱中症が発生するリスクがあります。熱中症による被害をできる限り軽減し、イベントを安全に実施するための対策を「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン」で解説していますので、イベントを主催する場合や開催施設を管理する場合にご活用ください。

夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン(外部サイト)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-3623

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?