本文へスキップします。

ホーム > くらし > 健康・福祉・介護・衛生 > 福祉と介護 > 要介護認定を受けている人の障害者控除(所得税・住民税)

ここから本文です。

更新日:2015年12月24日

要介護認定を受けている人の障害者控除(所得税・住民税)

要介護認定を受け一定の要件に該当する人は、障害者手帳がなくても、申請により「障害者控除対象者認定書」の交付が受けられます。

認定されると、本人または扶養親族は所得税や住民税の申告において障害者控除を受けることができます。

1.対象者

要介護認定を受けている65歳以上の人で、次のいずれかに該当する人

  1. 知的障害者(軽度・中度・重度)に準ずる人
  2. 身体障害者(3~6級)に準ずる人
  3. 寝たきり高齢者(6カ月以上)

(注意)介護度による認定ではないため、内容によって認定されない場合があります。

2.申請に必要なもの

介護保険被保険者証、印鑑

(注意)すでに、認定書の交付を受けている人は、交付された時点と状況が変わらなければ、再申請の必要はありません。

3.申請窓口

七尾市健康福祉部保険課調査認定グループ(パトリア3階)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保険課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-8457

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?