本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 第1回(平成24年度第1回)七尾市健康福祉審議会 会議録

ここから本文です。

更新日:2013年1月29日

第1回(平成24年度第1回)七尾市健康福祉審議会 会議録

会議の名称

第1回(平成24年度第1回)七尾市健康福祉審議会

会議の開催日時

平成24年5月31日(木曜日)午後1時30分から午後2時40分まで

開催場所

フォーラム七尾 大ホール

傍聴者数

0人

内容

参加者

委員など

委員15名 荒巻 雅博、石垣 五左ェ門、岡田 文貴、川島 博章、神野 正博、神戸 宏和、小林 義弘、櫻井 定宗、清水 晃、瀧 恵美子、田中 修、永井 兵嗣、松木 一郎、南 陸男、森 光弘(敬称略) 委員15名のうち15名出席

事務局など

事務局など13名 岡野部長、石川課長、津田課長、澤野課長、竹森課長、橘、北山、岡島、飯山、的場、宮崎、一瀬、山岸

1 開会挨拶 七尾市長

2 委嘱状の交付

3 議件

  • (1)委員長の選任
    互選により「南 陸男 氏」が選任された。
  • (2)副委員長の指名
    委員長が「田中 修 氏」を指名した。

4 説明・報告事項

  • (1)七尾市健康福祉審議会について
  • (2)七尾市健康福祉審議会各分科会について
    七尾市健康福祉審議会、各分科会の概要説明

質疑

今話のあった施策や取組みの中で七尾市の特徴はここだというところは何か。ここが七尾のいい所だというところが各分科会に一つはないと、全然アピールできない。七尾市を愛しているからこそ、ここに多くの人が住んで欲しい。そのためには特徴を出さなければだめだ。

→県内でみると地域福祉ネットワークのしくみづくりについては、先進地となっている。日頃からの支え合いが災害時の支援に役立つという考えで町会単位を基本とした組織づくりを進めている。
障害福祉については、取組み方が進んでいる。障害者福祉の推進体制として障害のある方と支援者が一緒に形作るところが特徴である。
児童福祉関係は充実して来ていると思う。七尾市は力を入れているが少子化が止まらないという状況。

そういったことを市民にお知らせすることが大事なのではないか。
これから各分科会に入っていくが、皆さんネガティブな話になる。子どもは都会みたいに待たなくても保育園に入れる。延長保育もある。いいところが一杯ある。少子化が進んで困っているということは言わなくてもいいのではないのでしょうか。

今七尾市独自のものという考え方でファミリーサポートというのがある。先日、あるお母さんがぎっくり腰になって、保育園へ子どもを送ることと、家事の手伝いをして欲しいというケースがあった。この事業では子育て支援ということで、家事の手伝いはシルバー人材センターにつないだ。が、子育てしている家庭は、保育のみの支援ではなく家庭そのものの支援が必要ではないかと、はじめて目にして痛感した。子育てと家庭支援も加えたものを七尾バージョンで出来ればいいのかなと思っている。

特別保育・障害保育など、いっぱい七尾市は、すばらしい事業をしている。
七尾市外から来た人の方が子育てに七尾市が力をいれていることを知っている。
ケーブルテレビでも、様々な子育て支援があることを特集にして行えばいいのではないか。
→貴重なご意見ありがとうございます。ケーブルについても検討していきたい。

5 その他

次回の開催は2月頃を予定している

6 閉会挨拶 田中副委員長

以上

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部福祉課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-3625

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?