本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 七尾市協働の基本指針をつくる市民会議第4回会議会議録

ここから本文です。

更新日:2013年11月6日

七尾市協働の基本指針をつくる市民会議第4回会議会議録

会議の名称

七尾市協働の基本指針をつくる市民会議第4回会議

会議の開催日時

平成25年10月25日(金曜日)午後7時から午後9時50分

開催場所

市役所201会議室

傍聴者数

0人

内容

参加者

委員など

  • 委員11名:山崎、福地、竹林、稲田、小島、小浦、瀧、関軒、田尻、山下、川上(順不同、敬称略)
  • アドバイザー:大湯章吉氏
  • 事務局5名:前畑市民男女協働課長、大谷内、北川、谷内、春木

1.開会

会次第(PDF:101KB)

市民のねがい-七尾市民憲章-唱和

2.開会あいさつ

《稲田委員長あいさつ》

みなさん、こんばんは。お集まりいただき、ありがとうございます。事前にお配りした資料の方は見ていただきましたでしょうか。今日は、さらに、この資料をたたき台として活発な議論をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

3.指針に盛り込むべき項目について

⇒事務局から資料(前回の振り返りも含めて)の説明

前回会議での意見を盛り込んだ骨子案(PDF:139KB)

資料1(PDF:181KB)

資料2(PDF:183KB)

資料3(PDF:205KB)

-委員長の進行-

資料について、何かご意見はありますか。

「主な意見」

  • (その1)「市民の人材育成」の項目について、「犠牲的気持ち」という表現がひっかかる。少し重たい。
  • 私は、人のため、地域のためという気持ちで活動している。
  • 人のためは、結局は自分のためでもある。
  • しかし、そういう気持ちがないとできない部分もある。
  • 町内(地元)で、「協働」と言ってもなかなか理解してもらえない。まちづくり基本条例も同じだと思う。指針をつくるに越したことはないが、住民が「協働」を進める気持ちになるものでないとだめだと思う。
  • 災害(防災)などは協働がわかりやすい身近な入口である。
  • 引っぱっていく人材(リーダー)も必要だ。
  • 資質があるからリーダーになるとも限らない。最近は順番に町会長をする地域もある。
  • リーダーを支える人も含めて、共通の目的に向かっていく姿勢が大切
  • 地域づくりは人づくり、在所のことは在所の人でしっかりやっていくしかない。他所の人から色々言われてもなかなかできない。しかし、アドバイスする人は必要。
  • 最初の話に戻るが、犠牲的という気持ちは使わない方がよいか。
  • 活動している人は、こういう表現は嫌いだと思う。
  • 人材育成とは、やってない人を育てることなのではないのか。
  • 表現はポジティブにした方が良さそうですね。自らやりたいと思わせるような動機づくりも大切ではないか。
  • まちづくりは人づくり、これは絶対大事。コーディネーターは絶対必要。地域のことを考えるコーディネーターが必要。
  • 職員は、まちづくりのプロのはず。もっと力をつけてほしいし、「協働する職員の育成」の中にあるが、研修会のような単純なことではだめ。地域に飛び出して、実践によって育つことが必要。

グループに分かれて意見交換(資料を参考に)

テーマ「協働のまちづくりを実現するために●●●をする。●●●をつくる。●●●を検討する。」など、●●●にあてはまるものをみんなで考える。

-大湯アドバイザーの進行-

2グループに分かれて、第3章の「協働のまちづくりを実現するために」どうしたらいいか、どうしたら進むか、具体的な方法を考えてほしいと思います。

グループ(1)

福地、竹林、小浦、瀧、関軒(敬称略)、大谷内、谷内

⇒主な意見は、まとめ(1)のとおり

まとめ(1)(PDF:112KB)

グループ(2)

山崎、稲田、小島、田尻、山下(敬称略)、北川、春木

⇒主な意見は、まとめ(2)のとおり

まとめ(2)(PDF:103KB)

結論

⇒時間が不足したので、全体のまとめ(第3章の案)は、次回会議で行う。

大湯アドバイザー

今日出された意見は、2つのグループともほぼ同じでした。これをベースに第3章の案を作らせていただきます。

ふたつ目のグループの発表では、コーディネーターについて、自分たちがなるということでした。どこかから優秀なコーディネーターを引っ張ってくるような発想だったら、地域づくりとか協働のまちづくりは進まないのではないか。自分たちがなるような気持ちで育てていくような市民性を持つようになればもっと豊かになるということかなと思います。

人づくりは、体験してプログラムする、そこからスタッフからリーダー、リーダーからコーディネーターやプロデューサーに育っていくようなカリキュラムを組んで、場の提供をしてあげるということが、協働のまちづくりを実現するためのしくみとして必要だというような話になるのかなと思います。お疲れ様でした。

4.次回開催日時について

11月14日(木曜日)午後7時から午後9時00分

七尾市役所201会議室

11月28日(木曜日)午後7時から午後9時00分

七尾市役所201会議室

5.閉会のあいさつ

《竹林副委員長あいさつ》

みなさん、お疲れ様でした。50分も時間がオーバーしてしまいましたが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。2グループとも同じような意見でしたので、指針に向けての考え方は大体一緒だったのかなと思います。11月には2回会議を開催しますが、詰めの段階に進んでいきますので、次回はみなさんが参加できるようにお願いします。本日はお疲れ様でした。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部地域づくり支援課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8633

ファクス番号:0767-52-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?