本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 第18回七尾市まちづくり基本条例をつくる市民会議 及び 第6回七尾市まちづくり基本条例庁内プロジェクト会議 合同会議 会議録

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

第18回七尾市まちづくり基本条例をつくる市民会議 及び 第6回七尾市まちづくり基本条例庁内プロジェクト会議 合同会議 会議録

会議の名称

第18回七尾市まちづくり基本条例をつくる市民会議 及び 第6回七尾市まちづくり基本条例庁内プロジェクト会議 合同会議

会議の開催日時

平成24年1月30日(火曜日)午後7時から午後8時15分まで

開催場所

七尾市役所 2階 201会議室

傍聴者数

1人

資料

内容

参加者

  • 委員など
    南 朋之 委員長|本田 雄志 副委員長|稲田 秀子 副委員長
    磯部 和子|上野 真人|姥浦 秀史|大河 寿|大崎 誠也|川淵 正|小浦 忠吉|清水 吉宏|高橋 正浩|田中 和義|鳥居 貞利|直 龍芳|西村 正悦|仁介 三代子|野竹 隆昭|濱 暉元|原 範子|飛騨 和男|福嶋 葉子|福田 正
    (敬称略)
  • 事務局など
    田中 克尚|長田 次夫|村田 恵子|谷内 博史b 今井 彩希|山岸 あき子|佐竹 和宏|筑城 まゆみ|野崎 長志|宮崎 弘美|一花 正広|春木 千恵美

最終提言の確認及び条例案変更点の確認後 市長へ提言

1 開会

市民のねがい唱和

2 開会挨拶

  • 南市民会議委員長「一番大事なのは、出来た後の推進だ。」
  • 不嶋庁内プロジェクト(以下庁P)委員長「仏を作って、魂を入れるべきスタート地点に立った。」

3 報告事項

最終提言の確認及び条例案変更点の確認
資料参照

意見

  • 市長への提言は何時するのか。
    ⇒今日の予定だ。この会議は一区切り付け、今後は、推進組織づくりに移る。
  • パブリックコメントの回答公表は何時なのか。
    ⇒市役所内での再確認後の案に基づいて回答する予定だ。
  • 第16回会議で報告のあった、パブリックコメントの対応内訳[3](市としての考えを説明し、ご理解をいただくもの)の市の考え方は、市民会議委員に周知してから公表して欲しい。
    ⇒公表する前に、委員にお知らせする。
  • 今後の説明会の日程であるが、町会は男性が多く、女性会など他の団体への説明会を開催して欲しい。
    ⇒女性団体へも説明会を呼びかける。パプリックコメントでは、障がい者への配慮を促す意見もあった。
  • 説明会に参加する委員は、説明する側に立つのか。
    ⇒委員の方には、行政と一緒に説明する側にたって、作ってきた思いなどを述べてもらい、市民の皆さんの理解を得たい。
  • 市民への説明会も大事だが、企業へも、周知も含めて説明会をして欲しい。
  • 提言案資料の中表紙の庁Pの回数と、式次第の回数が何故違うのか。
    ⇒市民会議の回数は開始後累計で数えているが、庁Pの回数の数え方は、年度別に数えている為、数字が違っている。
  • 庁内PRはどうなっているか。
    ⇒全庁的に協働担当の職員を配置し、各課の担当分野で協働できることは何か、などを検討する。3月議会後4月に公布し、取り掛かる。条文案は共有しているので、ゼロからのスタートではない。
  • 庁内職員においても積極的に頑張って欲しい。
  • 今年度中に、600人居る全職員に魂を入れなければならない。そのため、推進委員の発令を行う。

4 今後の日程説明

各地区町会連合会への説明会開催を報告
2月25日(土曜日)北大呑地区説明会は市民対象のため、委員さんへ参加を依頼する。

5 休憩後 市長へ提言

市民会議委員長と庁P委員長から市長へ条例案の提言をした。
市長から感謝とねぎらいの言葉があった。

6 懇談

市長が各テーブルを回り、懇談を行った。

以上

その他

後日、委員へ配布された資料
第18回市民会議以降2月3日例規審査会までの変更点(最終案)(PDF:72KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部地域づくり支援課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8633

ファクス番号:0767-53-1125

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?