本文へスキップします。

ホーム > くらし > 文化・市民活動 > 【11月16日必着】七尾市地域おこし協力隊員募集

ここから本文です。

更新日:2018年11月6日

【11月16日必着】七尾市地域おこし協力隊員募集

能登島地区で1名募集!

海あり、山あり、温泉あり。都市と田舎が両方ある「ちょうどいいまち、七尾(ななお)」で、豊かな暮らしをはじめませんか。

石川県能登半島の真ん中にある七尾市は、医療や福祉、子育て環境も充実しているほか、のと里山海道や能越自動車道など交通インフラも整っており、県庁所在地の金沢までは車で約1時間、北陸新幹線などを利用すると東京までは約3時間半です。

現在、七尾市は、まち・ひと・しごと創生総合戦略を掲げ、「時代にあった地域をつくり、安心安全なくらしを守る」の実現に向け、自治会を結ぶコミュニティ組織「地域づくり協議会」に対して自らの力で地域の振興やその地域にあった地域づくり活動を推進しています。

今回の募集地域である能登島地区は市内でも特に意欲的に地域づくり活動が行われており、既に地域おこし協力隊OBが体験ツーリズムを主とし起業しています。今後、さらに地域の魅力を発信し、同地域で協力隊員自らが起業を目指しながら地域づくり協議会と共に地域の活性化に向けて協力していただける隊員を募集します。

島流しサイクリング能登島の酒

募集人数

1人

活動内容

基本活動 地域内の民宿や体験型観光など連携促進させ、地域版DMOを確立し、地域一体となった交流人口の拡大を目指す。
  • 短期型スポーツ合宿(団体および個人)のメニュー開発、誘致
  • 農泊事業の推進
  • 地域の特産品開発
  • 任期終了後の起業に向けた研修
  • その他、地域の再生計画に基づいた活動
受入団体 能登島地域づくり協議会
協力団体 能登島ペスカグリネットワーク、のと島クラシカタ研究所、能登島観光協会青年部

 

活動を指導する市の部署

主担当:地域づくり支援課

連携部署:観光交流課、農林水産課、産業振興課など

募集対象

以下の全てを満たす人。

  1. 年齢は50歳以下の人(性別は問いません)
  2. コミュニケーション能力に自信があり、基本活動に対し前向きに取り組む意志のある人
  3. 体力に自信のある人
  4. 地域資源の活用に向けた協力ができる人
  5. 都市地域などから七尾市に住民票を異動し移住する人(お住まいの地域が過疎地域などの条件不利地域に指定されていないこと。詳細は総務省のホームページで「地域振興関係法指定状況一覧表」をご確認ください)
  6. 活動内容について積極的な提案や企画能力がある人
  7. 普通自動車運転免許を取得している人
  8. インターネットを使った情報発信ができる人
  9. 心身共に健康で誠実に業務を行うことができる人
  10. 最長3年間の活動期間終了後に七尾市で起業、または就業し定住する意欲のある人

活動時間

1日午前7時間45分、月20日活動

委嘱、期間など

  • 七尾市地域おこし協力隊員として七尾市長が委嘱します。
  • 地域おこし協力隊員は活動の対価として、報償費の支払いを受けるものとし、市との雇用関係はありません。
  • 隊員の任期は1年以内とし、最長3年延長することができます。
  • ただし、初年度の委嘱期間は就任の日から年度末までとします。
  • 毎年1月頃にミーティングを行い、次年度の委嘱の判断をさせていただきます。

待遇など

  1. 報償は月額200,000円(日額10,000円)。
    ※副業可(市は委嘱のみとし直接雇用関係はないため)
  2. 社会保険などには加入しません(国民健康保険料、国民年金保険料は各自の負担となります)。
  3. 市との雇用関係がないため、雇用保険も加入しません。
  4. 活動期間中は傷害保険(死亡後遺障害5,000千円、入院保険金日額3,000円、通院保険金日額1,000円)に加入します。その費用は市が負担します。
  5. 隊員は市と協議し、認められた地域内の住居(空き家)を借り上げ、市は賃料を予算の範囲内で直接賃貸者に支払います。
  6. 活動に使用する車両については隊員が直接、市内業者から車両を借り上げ、市は賃料を予算の範囲内で直接業者に支払います。ただし、車両の確保が困難な場合は、要相談とします。
  7. 活動に使用するパソコンを貸与します。
  8. 希望に応じて作業服、長靴、雨合羽を貸与します。
  9. 七尾市に赴任する際の必要経費(旅費、引っ越し代等)は自己負担となります。
  10. 研修として総務省が実施する地域おこし協力隊員を対象とした研修などを予定しています。

応募方法

応募受付期間

平成30年11月5日(月曜日)から平成30年11月16日(金曜日)【必着】

  • 応募書類は返却しません。

申し込み・お問い合わせ先

〒926-8611

七尾市袖ケ江町イ部25番地
七尾市市民生活部地域づくり支援課

電話番号:0767-53-8633
ファクス番号:0767-52-0374
電子メール:chiiki-d@city.nanao.lg.jp

提出書類

  • 履歴書(写真添付、必ず携帯以外のメールアドレス:フリーメール可を記入すること。)
  • 住民票抄本(地域要件の確認のために、原本の提出が必要です。)
  • 地域おこし協力隊活動目標レポート
    「地域おこし協力隊に活かしたい私の能力」「地域資源の活かし方」と「将来七尾市でどのように起業、就業(生業を得るか)をしたいか」をテーマとしてあわせて500字~1,000字程度でレポートを作成し提出してください。

審査と着任までの日程【予定】

1次審査:書類審査

  • 平成30年11月21日(水曜日)実施。
  • 審査後、速やかに合否および2次審査の案内を書面とメールで通知します。

2次審査:面接審査

  • 平成30年11月26日(月曜日)以降で、1次審査通過者と日程を調整します。
  • 会場は七尾市役所を予定しています。
  • 受験者の旅費などは、参加者の個人負担となります。
  • 審査の合否(内定通知)は審査日翌日に、書面とメールで通知します。

着任予定:平成31年1月7日以降

その他

  • 募集に関する質問は、「地域おこし協力隊応募に係る質問事項について」と見出しを付して、郵送、ファクス、メールなどの文書で行ってください。電話での質問は受け付けませんので留意してください。
  • 質問書には「質問内容」のほか、「住所」「氏名」「ファクス番号または電子メールアドレス」を明記してください。
  • 各地域に訪問してみたい人はお問い合わせください(交通費、宿泊費などにかかる費用は自己負担です)。
  • 質問に対する回答は、質問者にメールかファクスで回答します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部地域づくり支援課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8633

ファクス番号:0767-52-5374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?