本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 審議会・委員会などの会議録 > 平成23年度第2回 七尾市文化財保護審議会 会議録

ここから本文です。

更新日:2013年1月29日

平成23年度第2回 七尾市文化財保護審議会 会議録

会議の名称

平成23年度第2回 七尾市文化財保護審議会

会議の開催日時

平成24年2月24日(金曜日)午前10時から午前11時40分まで

開催場所

七尾市役所 3階 302会議室

傍聴者数

2人

内容

参加者

委員など

委員8人 大橋 覚 会長、宮田 也寸子 会長職務代理、東四柳 史明、野中 未知子、塚林 康治、戸澗 幹夫、堀 逸朗、鴻野 俊雄(敬称略) 委員10名のうち8名出席

事務局5人 山口光男、善端 直、和田 学、千場 勉、北林 雅康

1 開会あいさつ 大橋会長

2 報告

(1)新たに指定となった文化財
古文書 末世目覚草 1冊 所有者:橋本家(中島町中島)
平成23年7月21日指定(七尾市教育委員会告示第10号)
七尾市内の指定文化財は、登録文化財も含め281件となる。

(2)文化財に関する事業などの状況

  1. 史跡七尾城跡土地買上げ事業
    平成23~24年度
    平成23年度において、史跡指定地266,169平方メートル(台帳面積)のうち、約5%の1,3501.6平方メートルを公有地化の見込み。(二の丸周辺)
  2. 美術工芸品保存修理事業
    平成24年3月末頃に修理完了予定 印鑰明神垂迹図、三千仏画像
  3. 明治の館 保存修理工事
    能登半島地震によって破損し修理工事を実施(平成21年11月~平成23年11月)2年間の保存修理工事を終える。

(3)その他

  1. 平成24年度に保存修理の実施が予定されている指定文化財
    市指定有形文化財(建造物) 日吉神社本殿 一棟(大田町)
  2. 恵贈資料及び民俗資料整理などについて
    • 畠山義総(能登畠山氏七代)の書状の寄贈
      縦15cm、横46cm 軸装
      横浜市在住 歴史学者 岩沢愿彦(よしひこ)さん所有
      寄付採納など事務手続完了後は、七尾美術館で保管
    • 民俗資料整理調査
      緊急雇用創出事業で整理を行う。(平成21年度からの3か年)
      ⇒民俗資料のきちんとした調書を作成する。どのように使われてきたかなどの情報もきちんととる。集めるだけではなく、活用することも考えて整理する。
      ⇒今回、恵贈いただいた資料など広く一般の方に七尾の貴重な財産を見ていただき、知っていただく機会をもうけることが大切。

3 議件

(1)文化財の指定に向けて
橋本家文書(中島町中島)
橋本家文書のうちの一つ「末世目覚草」は貴重な資料であり単独で指定した。
すでに指定されている3件の文化財を除く、その他の橋本家文書を一括して諮るときには、目録の作成を条件とし、「橋本佐輔家文書目録」(昭和63年3月)と照合し、現段階で確認される点数を把握する。所在が確認できないものは指定の対象から除き、目録に記載されていないものは追加目録を作成する。

(2)その他
熊野神社 関係資料(大田町)
三十六歌仙額 二十四面
※十二面を欠く
※裏銘から、地元住人のほか七尾の町人が参画して奉納している。
三十六歌仙額としては、十二面を欠き、また、剥落、退色が激しく、美術的価値は劣る。同時に奉納された他の三面(翁舞図額・石山源太図額・大とみのきいち丸之図額)の額とともに絵馬の奉納形態として資料的価値を有する。三番叟之図額も同時に奉納されたとみられるが、現存せず。
※次回の審議会では、現地で資料を拝見させていただくこととする。

4 閉会

以上

お問い合わせ

所属課室:教育委員会文化課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8437

ファクス番号:0767-52-5194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?