本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2016年7月29日

俎板崎

湧浦八勝:加藤里路作

浮島帰帆・円山秋月・屏風崎夕照・信行寺晩鐘・俎崎落雁・白崎晴嵐・薬師森夜雨・能登島暮雪

加藤里路、幼名喜久松、後に修理又は図書と称し椎の屋と号す。天保11年(1840)10月金沢に生まれ、弘化2年父の後を受けて千五百石を領す。里路歌道を狩谷鷹友に学び、又よく国書を講ず。維新の後金沢藩宣教掛・神祇宣教師・白山比咩神社宮司・射水神社宮司・気多神社宮司等となる。明治5年里路県下諸社に於いて説教を行う。これ本県に於ける神道説教の初なり。晩年金沢に帰り、興道社を講す。44年2月死す。享年72。著す所椎の葉二十余巻あり。(石川県史第三編より)

《俎板崎の景観》

俎板崎1俎板崎2

俎板崎3

(右側に「雨くれて稲葉がくきに海くらし」永機)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会文化課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8437

ファクス番号:0767-52-5194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?