本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

博物館の基本計画

平成27年3月策定

基本計画の内容(抜粋)

事業活動の構成

機能1 展示・情報発信

能登の魅力-里山海文化-の発信

市外・県から多くの人に訪れてもうために、能登・七尾の魅力である「能登の里山里海」に焦点をあてて、展示を中心とした情報発信行います。

機能2 教育・交流

七尾の地域学習と体験

子どもたちが七尾について知る教育機能として、また市民の学習活動の拠点として施設を活用してもらうため、七尾の自然・歴史文化について学習し、体験できるスペースを提供します。
また、学習や体験を通して、七尾について楽しく学べるプログラムの充実を図ります。

機能3 調査・研究

資料整理

七尾市が所蔵する自然や歴史、文化財等の資料を適切に保存し、後世へと確実に伝えていくとともに、それらの資料を活用した研究活動をサポートます。また展示のための準備作業スペースを確保します。

機能4 交流

地域の憩いの場

能登歴史公園の中に立地する施設として、公園利用者の休憩や憩いの場としての役割を果たすともに、市外・県外からの来訪者のための案内を行います。

その他運営

さまざまな主体との連携による開かれた博物館

上記の4つ機能を効果的に発揮するため、関連施設や研究機関、民間事業者など多様な主体との連携を図るとともに、利用者の視点に立った成長する博物館をめざします。また、学校教育や市民の学習活動などと連携や、市民・地域団体が施設運営に参加する機会を創出ことにより、さまざな人たちが博物館活動に参加協力できる開かれた運営体制をめざします。

博物館施設計画の考え方

施設計画

  • 各スペースの配置の考え方として、平面配置を基本としますが、今後、利用者の使い方や動線などを勘案しながら、詳細な検討を行うものとします。
  • 展示室、学習・体験スペース、多目的スペース、展示準備室、エントランスホールをあわせた全体の面積を、おおむね2,000平方メートルを基本として床面積を設定し、それぞれのスペース面積や配置については、今後詳細に検討することとします。
  • 七尾市が所有する膨大な資料は、市内の未利用施設(廃校舎など)を活用して適切に保存します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会文化課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8437

ファクス番号:0767-52-5194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?